NHKスペシャル 人体 – 神秘の巨大ネットワーク


ニュースキャンでどうして調子がよくなってしまうか。

メスやお薬を使わずに健康になるにはどうしたらいいか?!より健康になるにはどうしたらいいか?

そこで着目されたのは臓器間のコミュニケーション。各臓器はコミュニケーションによりなりたっているということ、これが乱れると体に不具合がおきてしまうということ。ロシアはここに注目し、そして作られたのがニュースキャンなのです。

NHKの番組で、人体は巨大なネットワークであること、各臓器で会話しているということが紹介されていました。この臓器や細胞間が声を掛け合いながら人体が維持されているのです。この会話に問題が起こったとき、会話ができるように修正したり、会話力をアップさせてくれるのがニュースキャンなのです。

この番組、ニュースキャン経験者なら、見ていてすとんと腑に落ちたのではないでしょうか。

まだ未経験の方、ぜひ経験してみませんか。人体の不思議を体験してみませんか。

出張もおこなっています(*^_^*)

臓器や細胞は、どうやって“会話”しているのか?その答えは、顕微鏡にもほとんど映らない、小さな小さな物質にあります。最新の科学によって、細胞から細胞へ情報を伝える物質が次々と見つかってきました。その数は、なんと数百種類以上にものぼるといいます。昔から、脳などごく限られた臓器が「ホルモン」と呼ばれる物質を出して、他の臓器に情報を伝えていることは知られていました。しかしその後、「サイトカイン(細胞間情報伝達物質)」や「マイクロRNA」など、さまざまな名前で呼ばれる物質を、脳以外にもあらゆる臓器や細胞が出し、情報をやりとりしていることがわかってきました。

 

番組では、これらの “臓器や細胞からのメッセージを伝える物質”を、まとめて「メッセージ物質」と呼ぶことにしました。メッセージ物質は、血液や神経を伝って全身を行き交い、それを受け取った他の臓器や細胞が、さまざまな作用を引き起こします。そんな臓器や細胞同士のにぎやかなおしゃべりが、実はわたしたちの体の働きや病気の発生など、命の根幹に関わる大切な役割を果たしていることが明らかになってきました。このシリーズ「人体」では、いわば「人体ネットワーク」で交わされる“ミクロの会話”を読み解きながら、その会話の解明が病気の治療やこれまでの健康常識にもたらしている大きな変革に迫っていきます。

 

http://www.kenko-akb.com/index.php?FrontPage ニュースキャンセラピーのご予約はこちらまで!

2018年1月3日 NHKスペシャル 人体 – 神秘の巨大ネットワーク はコメントを受け付けていません。 未分類